<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

祝☆勝利! 次の相手は…!?

0

     ワールドカップロシア大会、グループリーグ初戦のコロンビア戦が昨夜行われました!

     

     

    見事な勝利でした!

     

    ハイライト動画はコチラ!

     

     

     

    予選グループの第2戦目は、6/24(日)の24:00キックオフでセネガル代表との試合です!

     

    セネガルと言えば、じゅんコーチの弟が青年海外協力隊(JICA)の活動で2年間過ごした国です。

     

    セネガルと日本のお互いの代表チームのメンバーは、欧州を中心に各国のトップリーグで活躍している選手たちですが、

     

    現地での生活や現地で過ごすサッカー少年たちはどんな感じだったのでしょう?

     

    じゅんコーチの弟がコーチをしているサッカークラブのブログで紹介されていますので、参考までにリンクを貼っておきます。

    ※参考ブログ「大切に

     

    "自分のものを大切にするということ"

     

    じゅんコーチはセネガルに行ってませんが、同じサッカーコーチをしていてとても共感出来る内容の記事です。

     

    スクール活動でも伝えていますが、皆さん、自分のものを大切に出来ていますか?

     

    スクールでもたくさんの忘れ物がありますが、コーチたちからはあえて声を掛けていません。

     

    自分で気付いて、自分で探して、自分で尋ねるようにしましょう。

     

    その前に、先ず、簡単に忘れ物をしないようにしましょう!

     

    忘れてもコーチが管理してくれていると思ったら大間違いです。

     

    自分のものは、自分で責任を持って管理(大切に)しましょう!

     

     

    じゅんコーチも海外のいろんな国に行く機会があったりしますが、日本のように平和で快適で恵まれている環境ばかりではない事にいつも気付かされます。

     

    アビスパ福岡アカデミーのカンボジア遠征に帯同した際の写真です。

     

    アビスパアカデミー選手はカッコ良くて立派なサッカーシューズを履いていますが、カンボジアの多くの子どもたちはサッカーシューズを履いていなくて、サンダルを脱いで裸足でサッカーをしていました!

     

    ※参考記事「福岡サッカーウィーク in カンボジア

     

     

    日本を出て、日本の常識ではない環境を知ったり感じたり体験する事で、日本の平和さ、快適さ、有り難みなどを改めて気付かされたりします。

    ※フィリピン・セブのローカルな街中の写真

     

    スクール生たちに環境の違いについて語っても、なかなか簡単に伝わらない部分もありますが、経験したり感じた事を少しずつでも伝えていき、スクール生の成長のきっかけになるように工夫していきます。

     

     

    ワールドカップ繋がりで、ワールドカップ日本代表の遠藤航選手(浦和レッズ所属)の弟の遠藤暁(さとる)コーチが2年間、博多校でコーチを務めていました。

     

    その、さとるコーチが3月にアフリカのエチオピアに行った際のブログ記事も紹介しておきます。

    http://hakataschool.jugem.jp/?eid=1119

     

    日本との違いがたくさんありますね!

     

     

    ◆参考記事

    「3つの間」の減少によって

     

    2018年度年間活動スケジュール

    Newsページで博多校からの情報をまとめて発信中!

    アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

    アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

    アビスパ福岡ホームタウン活動ブログからもアビスパ情報発信中!

     


    博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5347-9064
    Mail: hakataschool@avispa.co.jp

     

    博多校サブマスター(アクシオン福岡校スクールマスター)・今田康介(こうすけ)コーチ

    phone:070-5507-9251


    博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5652-9627
    Mail: moritomo@avispa.co.jp

     

     

    アビスパ福岡サッカースクール事務局

    〒813-8585

    福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17

     

     

     

    じゅんコーチ * 紹介 * 13:01 * comments(0) * trackbacks(0)

    Jリーグ25周年!

    0

       本日、5/15でJリーグがスタートして25周年です!

       

      1993年の5/15にJリーグが開幕。

       

      開幕戦は、「ヴェルディ川崎vs横浜マリノス」でした!

       

      50歳を過ぎても横浜FCで現役選手としてプレイしている三浦知良選手はヴェルディ川崎のスタメンでした!

       

      アビスパ福岡の井原監督は横浜マリノスの守備の要としてスタメン出場しています!

       

      開幕からJリーグは人気爆発で、小6だったじゅんコーチはJリーグ開幕から一気にJリーグ・サッカーにハマりました。

       

      小6まで剣道・水泳をしていましたが、

        

       

      翌年1994年・中1からサッカーをはじめました!

      ※ブログ「サッカーをはじめたきっかけ

       

       

      Jリーグがきっかけでサッカーにハマり、サッカーをはじめ、Jリーグに夢を与えられ、夢を追い続けて来て、今はそのJリーグクラブのコーチとして働いています。

       

      じゅんコーチの人生はJリーグと共に歩み続けています。

       

      Jリーグと共に成長してきた僕にとってJリーグは特別な存在なのです。

       

      Jリーグ25歳を祝いつつ、自分が経験してきたことをスクールで関わる皆さんに還元していくことが僕にとってJリーグに対する感謝を示すカタチ・恩返しにもなります。

       

      Jリーグがあって良かった、Jクラブ(アビスパ)が身近にあって良かった…と思ってもらえるようなクラブにしていきますので、今後ともよろしくお願いします!

       

       

      Newsページで博多校からの情報をまとめて発信中!

      アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

      アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

      アビスパ福岡ホームタウン活動ブログからもアビスパ情報発信中!

       


      博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
      tel:092-674-3031
      phone:070-5347-9064
      Mail: hakataschool@avispa.co.jp

       

      博多校サブマスター(アクシオン福岡校スクールマスター)・今田康介(こうすけ)コーチ

      phone:070-5507-9251


      博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
      tel:092-674-3031
      phone:070-5652-9627
      Mail: moritomo@avispa.co.jp

       

       

      アビスパ福岡サッカースクール事務局

      〒813-8585

      福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17

       

       

       

       

       

      じゅんコーチ * 紹介 * 22:55 * comments(0) * trackbacks(0)

      「3つの間」の減少によって…!?

      0

         アフリカのエチオピアで活動している"さとるコーチ"のレポートを見ると、日本との違いに驚かされますね!

         

        じゅんコーチも海外に行く経験は少なくはありませんが、日本は本当に快適だなぁ…と感じます。

         

        さて、そんな日本も時代の変化に伴い、様々な環境が変わってきています。

         

        スクール生の保護者の皆さん、「3つの間」って聞いた事はありますか?

         

        (1)空間

        建物が増え、交通が増え、空き地や公園の減少、公園なのにボール遊びが禁止など…そして、子どもを狙った犯罪の多発などにより、子どもたちが自由に、安全に遊べる場所が減っています。

         

        ※じゅんコーチの出身小学校には裏山があり、アスレチックがありました!甥っ子を連れて遊びに行った時の写真です。

         

        (2)時間

        低年齢からの塾やお稽古ごと、その他の習い事の増加、そして、仕事などで忙しくて親子で一緒に遊ぶ時間がなかなか取れずに子どもたちが外で遊ぶ時間が減っています。

         

         

        (3)仲間

        少子化や習い事などで一緒に遊ぶ仲間の数が減っています。

         

         

        この3つの間の減少により、かつては、外遊びの中で育まれていたもの、身に付いていたものが、現代の子どもたちは身に付きにくくなってきました。。

        現代のこども事情

         

         

        外で遊ぶ時間や経験が少なくなり、体力の低下や外遊びの中で身に付いていた(投げる・跳ぶ・捕まる・転がる・登る、ぶつかる:動画、ふんばる:動画など…)動きの経験が少なくなって、

         

        自分の身体を上手く動かせずに、簡単にバランスを崩してしまったり、簡単に転倒してしまったり、転倒経験が少ない分、転倒の際の大怪我が増えてきています。

        ※この話題はまた後日、レポートします。

         

        また、集団の外遊びの中で年齢関係なく関わって、お互いが楽しめる様に工夫して遊んだり、コミュニケーションを取る機会も減ってきています。

        ※写真はフィリピンのセブ島マクタンにて、外遊びする子どもたち

         

        じゅんコーチが子どもの頃は、公園や小学校に行けば、誰かが居て、みんなで一緒にサッカーしたり、年齢の差があれば、お互いでルールを決めてみんなが楽しめる様にしたり、野球をするのに、人数が足りなくても楽しめる様にワクワクするように工夫したり、(小学校に裏山があったので)放課後にみんなで家から道具を持って来て基地を作ったりする中で役割分担したり…最近はこういう機会も減ってきたのではないでしょうか?

        ※写真はフィリピンのセブ島よりストリートバスケットをして遊ぶ少年たち

         

         

        お互いがコミュニケーションを取らなくても、工夫しなくても、身近な大人が善かれと思ってコミュニケーションを取って、問題(課題)を解決して、困る・考える・失敗する・挑戦する…これらの機会を奪ってしまい、経験から成長機会を奪ってしまっている場面もよく目にします。

         

        外遊びの場所・時間・人数の減少や人と関わる機会の減少…上記の理由などによって、体力低下だけではなく、自分自身で問題(課題)に気付き、自分自身で観て考えて、或いは仲間と協力や工夫をして、その問題(課題)を解決していくチカラ(=生きるチカラ)が育まれにくくなっています

         

        外遊びの減少によって、失われているものを現代ではスポーツがその役割を代用しています!

         

        Jリーグの監督が出来るS級ライセンスの下に、A級、B級、C級、D級などと対象者やカテゴリーを目安にしてJFA(日本サッカー協会)公認の指導者ライセンス制度があり、我々サッカーコーチは様々な角度からサッカーについて、またサッカーを通じて大人へと成長せいていけるように選手の成長をサポートしていけるように日々、学んでいます。

         

         

        じゅんコーチは、現在、B級コーチを所持していて、またキッズリーダー養成講習会のインストラクターとして、県内各所や福岡大学サッカー部の1年生を対象にキッズリーダー養成講習会を実施しています。

         

        キッズリーダー養成講習会では、発育や発達、子どもの特徴など低年齢の子どもたちはどんどん変化していくので、6歳以下、8歳以下、10歳以下と大きく2歳刻みにして、子どもたちをもっと深く知り、子どもたちに関わる大人たちが同じ様なビジョンを共有し、成長をサポートしていくことを目指すことを学びます。

         

        以前、ブログでも紹介した下記のブログをご拝読下さい。

        キッズ(U-6/8/10)年代のサッカーについて

        5〜8歳頃に様々な遊びを体験する大切さ

        なぜ鬼ごっこがいいのか? (←記事が古いので新しい画像や動画にして再度、更新します…)

         

         

        また、こういったカタチで紹介したいと思います!

         

         

        NEWSページで博多校からの情報をまとめて発信中!

        アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

        アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

        アビスパ福岡ホームタウン活動ブログからもアビスパ情報発信中!

         


        博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
        tel:092-674-3031
        phone:070-5347-9064
        Mail: hakataschool@avispa.co.jp

         

        博多校サブマスター(アクシオン福岡校スクールマスター)・今田康介(こうすけ)コーチ

        phone:070-5507-9251


        博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
        tel:092-674-3031
        phone:070-5652-9627
        Mail: moritomo@avispa.co.jp

         

         

        アビスパ福岡サッカースクール事務局

        〒813-8585

        福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17

         

        じゅんコーチ * 紹介 * 13:00 * comments(0) * trackbacks(0)

        南米の次はアフリカより…

        0

           スクール生の皆さん、そして、保護者の皆さま、アフリカに行ったコトはありますか?

           

          先日のブログで南米のボリビアに行ってサッカーを教えているコーチたちの活動を紹介しましたが、今回のブログでは、アフリカで活動しているコーチからのレポートを紹介します!

           

          アビスパ福岡育成普及部のサブダイレクター道下コーチは、JICA(青年海外協力隊)の活動でアフリカのザンビアで2年半サッカーの指導をしていたんですよ!

           

          シマウマの目の前で歯磨きって…。。

           

          なかなか出来ない経験ですね!

           

          毎年、みちコーチの母校・福大でも授業で講話をしています!

          2009年の記事】【2012年の記事】【2017年の記事

           

           

          さて、スクール生の皆さんにとって身近な存在の【さとるコーチ】が現在、アフリカのエチオピアにいます!

           

           

          さとるコーチから現地レポートが届きましたので紹介します!

           

          スクール生の皆さん、こんにちは!

          エチオピアに来ているさとるコーチです!

           

          エチオピアでの生活やサッカーなどの活動で感じたコトをお伝えします!

           

          現地では、小学校の体育の授業をかりてサッカーを教えています。


          子どもたちと触れ合い、一緒にサッカーをして思ったことは、日本でもボリビアでもエチオピアでも、やっぱり子どもは元気だし「サッカー」が好きだし、ぼくたちのような「コーチ」や「大人」と一緒にサッカーをすると本当に喜びます。

          「コーチ」という立場で、ただ教えるだけで一緒にプレイしない人も当然いると思います。
          もちろん歳を重ねて「身体的に」無理な場合はどうしようもありませんけど、自分の身体が元気に動くうちは、子どもたちと「一緒に」コーチがプレイすることの意味は大きいなと改めて感じました。


          また、小学校での「教育」という部分では、先生たちが鞭や棒で子どもを殴る、いわゆる日本でいう「体罰」が当たり前にあります。
          子どもたちは先生に完全に怯えていました。

          先生と子どもの「上下関係」が、これでもかと言うくらいハッキリ分かります。
          そのため、先生がいるところでは驚くほど子どもたちの「統率」ができていて、体育の授業の際、途上国の子どもたちが列をなしてグラウンドに出てくる光景には目を疑いました。



          もちろん「体罰」を肯定するつもりは全くありませんが、「体罰」や大人の「力」というものが子どもたちを「抑制・統率」するのに効果てきめんなことは疑いようがありませんでした。


          日本の「教育」の仕方・エチオピアの「教育」の仕方。どちらが良い悪いは人それぞれで、日本人の多くは「体罰」を肯定はしないと思います。
          でもそれぞれの国での「常識」を知れたことには大きな意味があると思いますし、こういう「教育」の仕方も存在しているんだと自分の目で見れたことはよかったと思います。

           

           

           

          エチオピアの日常生活の中では、「停電」「断水」が頻繁にあります。
          実際に両方経験してみると、圧倒的に「断水」の方がキツイですね(笑)

          丸一日水が出ないのを想像してみて下さい。
          トイレの水は流れないし、手は洗えないし、シャワーも浴びれません。
          当然現地では断水が頻繁に起こるので、ペットボトルに水をためておいて断水の時はその水を使うなどの工夫はあります。

           

           

          地方だとそもそも家の中に水道すらないので、近くにある近所の人たち"共用"の水道から水を汲んできて使っているそうです。

           

          食器などの洗い物をする時も、シャワーを浴びる時も、全てペットボトルの水でやっているみたいです。。

           

          この写真は、ホテルの水道です。

          断水したときのために、青いバケツに水が溜まっていて、上に置いてあるペットボトルを切ったやつで水を汲んで手を洗います!


          ペットボトルでシャワーを浴びること、片手でペットボトルを持ちながらもう片方の手を洗うなど、全ての水を使う作業を、朝から晩まで「丸一日」「ペットボトルに溜めた水」でやってみて下さい(笑)
          相当ストレスに感じると思います。

          でもそれをストレスに感じるのは、何不自由ない「日本」という国の生活に慣れているからです。
          こっちの人が断水の度にストレスを感じているわけありません。

           

          ただ、僕は「断水」の生活に慣れてきました!


          「断水」「停電」なんてほとんどなくて、それが起こると一騒ぎになる環境で育つ人と、そんなこと日常茶飯事な環境で育つ人。
          色々な「常識」がそれぞれの国にあって、それを経験する度に「日本」という国の素晴らしさを実感しています。


           

           

          上記のレポートが届きました!

           

          もっとたくさんの活動報告や感じたコトを聞きたかったのですが、Wi-Fiが使える時間・場所も限られているので、今回はここまででした!

           

          エチオピアの食事なども気になりませんか?

           

          "さとるコーチのブログ"でチェックしてみて下さいね!

           

           

           

          NEWSページで博多校からの情報をまとめて発信中!

          アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

          アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

          アビスパ福岡ホームタウン活動ブログからもアビスパ情報発信中!

           


          博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
          tel:092-674-3031
          phone:070-5347-9064
          Mail: hakataschool@avispa.co.jp

           

          博多校サブマスター(アクシオン福岡校スクールマスター)・今田康介(こうすけ)コーチ

          phone:070-5507-9251


          博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
          tel:092-674-3031
          phone:070-5652-9627
          Mail: moritomo@avispa.co.jp

           

           

          アビスパ福岡サッカースクール事務局

          〒813-8585

          福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17

           

          じゅんコーチ * 紹介 * 20:54 * comments(0) * trackbacks(0)

          地球の裏側で…

          0

             スクール生の皆さん、海外へ行ったコトはありますか?

             

            じゅんコーチは、スペイン・ポルトガル・イングランド・フランス・イタリア・中国・韓国・タイ・カンボジア・フィリピン・アメリカ(ハワイ)・オーストリア・オーストラリアの13ヶ国に行ったコトがあります。

             

            サッカーで10ヶ国、プライベート(旅行)で3ヶ国行きました!

            今年はまた行ったコトない国に行くかもしれません!

             

            さて、福岡大学サッカー部でも活動し、博多校のスクール提携コーチでもある

             

            くどうコーチ】【としコーチ】【うちコーチ】【たいきコーチ】【あきコーチ

             

            が、JICA(国際協力機構)と福岡大学の協定でボリビアに派遣されているため、約1ヶ月間、スクールを不在になります。

            ※くどうコーチ、としコーチは既にアビスパ福岡提携コーチの期間を終了しました。

             

            南米にあるボリビアは、日本から見ると地球の裏側に位置する国です!

             

             

            ボリビアで活動しているコーチたちからレポートが届いていますので、スクール生の皆さんに紹介します!

             

            うちコーチ

             

            Hola!


            サンファンでの活動の後、同じ日系移住地のオキナワで活動しました。

            日本の裏側にもう一つオキナワがあるって面白いですよね。


            サンファン同様、子供達は凄く元気で人懐っこい印象を受けました。それにサッカーがすごく大好きです。


            サッカーだけでなく身体を動かす楽しさから授業を通して伝えました。


            また実際に日本語の授業の見学もさせていただきました。


            青年と試合もしました。もちろん、勝ちました。


            やはり、こちらのサッカーは球際は激しく、ハングリー精神バリバリでした。


            サッカーだけでなく色々な経験から刺激をもらえてるので本当に良い経験が出来ています。


            引き続き良い経験を皆さんに共有できるよう、頑張っていきたいと思います。


            あきとコーチ

            Hola!

            コチャバンバでの活動が終了し、
            最後の活動場所であるスクレに到着しました!

            コチャバンバでは学校の体育の授業での指導と地域のクラブチームでの指導を行いました!


            コチャバンバはボリビア国内でも裕福な土地で街中も美しく、子供達も皆制服を着ていたりと、とても途上国とは思えない光景ばかりです。

            学校では小学生から高校生までの幅広い歳の生徒と交流しました!
            言語の違いによるコミュニケーションの問題以外にも、メニューの選択や難易度の工夫など上手くいかないことも多くありましたが
            メンバー全員で協力して生徒に楽しんでもらうことが出来ました👍⚽️


            午後はFutvalleという地域クラブでの活動でした!
            途上国とは思えないような綺麗な人工芝のグラウンドでサッカー指導も学校の時と比べて本格的な内容の指導でした。

            クラブの子供達は個人の能力は高いですが、
            チームで戦う精神や守備への意識、知識の低さを実感しました!

            また暇さえあればみんなでボールを追いかけ、対人する様子は南米独特のものを感じました!



            最終日には大会にも応援に行き、大変盛り上がり、活動を終えることができました!

            アビスパスクールメンバーも頑張りました!


            最後スクレでの活動も全力で楽しんで
            頑張りたいと思います!

             

             

            たいきコーチ
             

            Hola!

             

            スクレでの活動を報告します。

            スクレは標高が約3000メートルあります。
            クラブチームでサッカーを教え、教員養成校で日本についての講演やコーディネーショントレーニングを教えてきました。


            スクレという都市だけでも貧困の差が存在しています。
            1つのチームでは、砂利の多い駐車場で練習をしました。
            練習前には保護者も含めてみんなで石を拾います。

             

            使える広さもかなり狭いです。

            しかし、その環境でさえも文句を言わずに直向きにサッカーを楽しむ子ども達がいます。応援する保護者がいます。

            それを見て、今までの自分達の環境がいかに素晴らしいものだったかに気づかされます。

            ボリビアに来て思うのは、サッカーは勝敗が全てではないということ。
            サッカーの持つ可能性です。サッカーをしてきたから日本の裏側の人達と出会うことが出来ました。
            ある指導者に言われました。
            「サッカーは言葉が伝わらなくても、わかりあえる」

            この出会いに感謝して、日本に帰ってからも、それぞれ努力し続けます!!

             

             

             

            貴重な経験をしていますね!

            帰国してスクール時にいろんな話を聞かせてもらいましょう!

             

            現地での活動の様子は、Facebookからも発信されています!

             

            博多校での経験を活かして、現地で活躍し、多くの経験を積んで大きく成長し、スクールに還元してくれることでしょう!

             

            この1ヶ月間は、代わりに福岡大学サッカー部の部員がアシスタントコーチに来ています。

             

            そのうち、新しいコーチの紹介もしますね!

             

            ちなみに、【さとるコーチ】は、同じくJICAの活動でエチオピアに行っています!

             

            さとるコーチのエチオピアでの様子は、さとるコーチのブログでチェックしてみて下さいね!

             

            Wi-Fi環境が良くないそうですが、ブログの更新も楽しみにしておきましょう!

             

             

            NEWSページで博多校からの情報をまとめて発信中!

            アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

            アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

            アビスパ福岡ホームタウン活動ブログからもアビスパ情報発信中!

             


            博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
            tel:092-674-3031
            phone:070-5347-9064
            Mail: hakataschool@avispa.co.jp

             

            博多校サブマスター(アクシオン福岡校スクールマスター)・今田康介(こうすけ)コーチ

            phone:070-5507-9251


            博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
            tel:092-674-3031
            phone:070-5652-9627
            Mail: moritomo@avispa.co.jp

             

             

            アビスパ福岡サッカースクール事務局

            〒813-8585

            福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17

             

             

             

            じゅんコーチ * 紹介 * 16:14 * comments(0) * trackbacks(0)

            2018年スタート!

            0

               2018年の初蹴りは終わりましたか?

               

              5年前の初蹴りで右膝の後十字靭帯を断裂したじゅんコーチです。

               

              懐かしいなぁ。。

               

              じゅんコーチの2018年初蹴りは、ペナスタ博多でした!

               

              サッカー選手もたくさん集まり、ハイレベルな初蹴りフットサルでした!

               

              昨日から博多校のスクールもスタートしました!

               

              スクール生の皆さんのもとに年賀状は届きましたか?

               

              各Jクラブの年賀状はこんな感じだったらしいですよ!

               

              毎年、この年賀状はデザインがなかなか決まらずに仕上がりがどうしても遅くなってしまいます。

               

              何故かと言うと、今回はプレーオフがギリギリ(12/3)まであったので、J1に昇格した場合のデザインとそうでない場合のデザインが変わってくるからです。

               

              今回の年賀状がコーチたちの手元に届いたのが12/19で、じゅんコーチは12/22までしか福岡にいなかったので、年末の仕事に加えてさすがに数百枚の年賀状にコメントを書く時間がなかったので、スクール生の皆さんには「年賀状は届くと思うけど、コメントは書けんと思うけ、ごめんねー。。」と伝えていました。

              じゅんコーチは過去の怪我の影響で右手が思う様に動かせずに、次を書くコトにすごく苦労します。

              過去の志摩校ブログより

               

               

              日頃から小学校や中学校・大学に行って講話をする際に、

              「思う様にいかんコト、難しいコト、出来そうにないコト…たくさんあるけど、簡単に諦めてない?

               ちょっと工夫してみたり、視点を変えてみると、出来んかったコトや難しいコトも出来るようになったりする。」

               

              こういった話をよくします。

               

              講話(講演会)のスライドの一部です。。

               

              いつも自分が伝えているメッセージが自分自身に返ってきます。

               

               

              「よし!全員へメッセージ書くのは難しいけど、自分のメッセージを伝えよう!」

               

              と思い、100円ショップに行き、消しゴムとスタンプ台を購入!

               

              メッセージを削って、

               

              スタンプ台で、

               

              1枚ずつスタンプをうっていきました!

               

              1枚ずつ仕上がり具合が違いますが、機会じゃないので、ご了承を。。

              キレイなゴールだけがゴールじゃない。泥臭いゴールもゴールです。

              見栄えはキレイなメッセージではないかもしれませんが、気持ちは込めました!

               

              悩んで悩んで決めたメッセージは、

               

              You can make it !!

               

               

              これはじゅんコーチからスクール生へのメッセージであると共に、自分自身へのメッセージでもあります!

               

              I can make it !!

               

              2018年も、サッカーで成長する時期やコツを掴む時期、手応えを感じる時期がある以上に、上手くいかないコトやなかなか上達(成長)を肌で感じられない時期などもあると思います。

               

              それは、もちろん個人差もあるでしょう。

               

              でも、そんな時は、マイナスに受け止めずに、「ここを乗り越えられたらもっと成長出来る!よっしゃ!どうやったら上手くいくのか?ヒントやきっかけをどうにか掴めるのか?やってやる!出来るハズ!」などと何事もプラスに、前向きに考えてみましょう!

               

              スクール生の皆さんもコーチ陣もお互いにもっと高みを目指して共に成長していきましょう!

               

              We can make it !!

               

               

               

              Newsページで博多校からの情報をまとめて発信中!

              アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

              アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

              アビスパ福岡ホームタウン活動ブログからもアビスパ情報発信中!


              博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
              tel:092-674-3031
              phone:070-5347-9064
              Mail: hakataschool@avispa.co.jp

               

              博多校サブマスター(アクシオン福岡校スクールマスター)・今田康介(こうすけ)コーチ

              phone:070-5507-9251


              博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
              tel:092-674-3031
              phone:070-5652-9627
              Mail: moritomo@avispa.co.jp

               

              アビスパ福岡サッカースクール事務局

              〒813-8585

              福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17

               

               

              じゅんコーチ * 紹介 * 17:14 * comments(0) * trackbacks(0)

              2018年スタート!の前に…

              0

                 新年明けましておめでとうございます!

                 

                今年もよろしくお願いします!

                 

                さて、新年1回目のブログなんですが、

                 

                本来なら2017年内にお伝えしておきたかったことをなかなか更新出来ずにいたので、新年1回目のブログで皆さんにお伝えしようと思います。

                 

                昨年の年明けのブログでは、「チャレンジの年になります!」と宣言しましたが、

                 

                ブラインドサッカーの女子日本代表チームのコーチ(ガイド)に就任するコトが決定していたので、週末に行われる合宿のため、(金曜から前泊で)東京に行ったり、海外遠征などでスクールを不在にする回数が多くなるコトはわかっていました。

                 

                しかし、じゅんコーチが留守にするコトが多くても、信頼出来るコーチ陣の協力を得て、安心してスクールを任せてブラインドサッカーの活動にも取り組めました。

                 

                そして、日頃からスクール生の皆さんと関わる中で経験したコトや気付き・学びがブラインドサッカーにも活かされ、見事に世界大会で優勝を成し遂げるコトが出来ました。

                 

                チームに直接関わったのは僕ですが、皆さんと一緒に勝ち取った世界一だと思っています!

                 

                皆さん、本当にありがとうございます!

                 

                 

                 

                そして、ブラインドサッカー以外でも不在にする期間がありました。

                 

                家族がスペイン旅行中に急病で救急車で運ばれ、看病や身の回りの手続き等をするために急きょマドリッドに2週間滞在してきました。

                 

                夜に連絡を受けて、夜中に「すぐに来て!」と再度連絡を受けて、飛行機の便を予約し、翌朝から飛行機で向かいましたが、飛行機での移動中は家族とも連絡が取れないので、約半日間、1人で不安な思いで何度も涙が溢れながらやっとマドリッドに到着しました。あぁ、本当に長かったなぁ。。

                 

                病院の外観の写真だけを頼りにタクシーで病院に到着し、

                 

                もちろん元気ではなかったのですが、無事に親の顔を見れて安心しました。

                 

                何とか回復して無事に帰国し、そのまま福岡で入院して約半年のリハビリ生活を終えて、先月実家に帰るコトが出来ました。

                 

                この際もスクールコーチを始めたくさんの方々が支えて下さり、家族で支え助け合いながら何とか乗り越えて、家族も元気に過ごせる日が戻ってきました。

                 

                世界中には家族と一緒に過ごせなかったり、ケガや病気で毎日を生きるのが大変な人々がたくさんいると思います。

                 

                海外だけでなく、身近な朝倉などの大雨による被害・熊本地震の被害もそうです。

                 

                自分自身も困ったり弱っている時にたくさんの方に支えられて乗り越えられたので、個人としてもクラブとしても復興支援や身近に困っている方々を少しでも支えていけたらなと思います。

                 

                この1年はそういった記事やニュースにより敏感になり、いろんなコトを深く考えました。

                 

                "感謝"の1年だったなと振り返りながら、改めて何気なく毎日を過ごせる生活って幸せだなと感じました。

                 

                 

                2018年スタートにあたり、今年にかける思いや目標などを語る前に昨年の振り返りをしておかなければと思いました。

                 

                自分が経験したり感じたコトは嬉しいコトや楽しいコトばかりではなく、精神的にも辛く苦しいコトの方が多かったですが、いろんなコトを前向きなチカラに変えて、また今年の活動に活かしていきます。

                 

                次回のブログこそ、「2018年スタート!」というタイトルで記事を書きたいと思います。

                 

                それでは、今年もよろしくお願い致します!

                 

                 

                 

                Newsページで博多校からの情報をまとめて発信中!

                アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

                アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

                アビスパ福岡ホームタウン活動ブログからもアビスパ情報発信中!


                博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
                phone:070-5347-9064
                Mail: hakataschool@avispa.co.jp

                 

                博多校サブマスター(アクシオン福岡校スクールマスター)・今田康介(こうすけ)コーチ

                phone:070-5507-9251

                Mail: avispa.k.imada@gmail.com


                博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
                phone:070-5652-9627
                Mail: moritomo@avispa.co.jp

                 

                アビスパ福岡サッカースクール事務局

                〒813-8585

                福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17

                tel:092-674-3031

                 

                じゅんコーチ * 紹介 * 12:25 * comments(0) * trackbacks(0)

                2017年終了!

                0

                  こんにちは!

                   

                  皆さん冬休みは楽しんでいますか?

                   

                  じゅんコーチは仕事納めの日からハワイへ行って来ました!

                   

                  皆さんの蹴り納めは終わりましたか?

                   

                  ペナスタ無料開放日の様子が店長の久米田さんからも入って来ました!

                  スクール生のみんなも気持ちの良い挨拶をしてくれましたと報告を受けています!

                   

                   

                  スクールでいつもお世話になっているペナスタ博多には本当にお世話になりました。

                   

                  また来年も共により良いスクールを創り上げていきます!

                   

                   

                  さて、じゅんコーチは昨日が蹴り納めでした!

                   

                  アビスパ福岡U-15監督の宮原裕司コーチを中心とする北九州若松出身の3氏(ギラヴァンツ北九州:本山雅志選手、カターレ富山:山形辰徳選手)が「子どもたちに夢を!」と、毎年地元で数チームを招待してサッカー大会を実施しています。

                   

                  12/30にグローバルアリーナで開催されました。

                   

                   

                  じゅんコーチは小6の時にJリーグが開幕して、サッカーにハマり、中1からサッカーをはじめました。

                   

                  山口県出身で地元にプロサッカーチームがありませんでした。

                   

                  もちろん、プロサッカー選手と交流し、触れ合ったこともありません。

                   

                  Jリーグを観に行けるのは、広島まで1時間半〜2時間かけて年に1・2回ぐらい行ければ良い方でした。

                   

                  この大会の主旨を聞いて、強く賛同し、また日頃から宮原裕司コーチにはお世話になりまくっているので、少しでも恩返ししたい気持ちと少しでもチカラになれたらと思って、毎年お手伝いをさせてもらっています。

                   

                  今回が8回目の開催でした!

                   

                  北九州や福岡出身のサッカー選手が当日はお手伝いに来ます!

                   

                  交流戦のゲームの中にサッカー選手たちが混じって一緒にプレイします!


                   

                  こうした場でコーチ自身もお手伝いをしながら、いろんな選手と一緒にサッカーの話をしたりするのも良い経験・刺激になっています。

                   

                  また経験したり感じたり学んだことをスクールでの指導に活かしていき、スクールの質を上げていきます!

                   

                  このイベントのお手伝いがじゅんコーチの蹴り納めとなりました。

                   

                   

                  皆さんにとってはどんな1年でしたか?

                   

                  今年最後のブログは一切、スクールのことについて触れませんでしたが、この記事が2017年最後のブログ更新となります。

                   

                  2017年もスクール活動やイベント、レベスタでの応援、本当にありがとうございました!

                   

                   

                  2018年もどうぞよろしくお願い致します!

                   

                  良いお年をお迎え下さい!

                   

                   

                  Newsページで博多校からの情報をまとめて発信中!

                  アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

                  アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

                  アビスパ福岡ホームタウン活動ブログからもアビスパ情報発信中!


                  博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
                  tel:092-674-3031
                  phone:070-5347-9064
                  Mail: hakataschool@avispa.co.jp

                   

                  博多校サブマスター(アクシオン福岡校スクールマスター)・今田康介(こうすけ)コーチ

                  phone:070-5507-9251


                  博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
                  tel:092-674-3031
                  phone:070-5652-9627
                  Mail: moritomo@avispa.co.jp

                   

                  アビスパ福岡サッカースクール事務局

                  〒813-8585

                  福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17

                   

                  じゅんコーチ * 紹介 * 12:44 * comments(0) * trackbacks(0)

                  コーチを目指した理由

                  0

                     こんにちは!

                     

                    先日のブログでじゅんコーチがサッカーをはじめたきっかけを紹介させてもらいました!

                    ※ブログ記事「サッカーをはじめたきっかけ

                     

                    今回は、コーチを目指した理由を紹介したいと思います。

                     

                    まず、結論から言うと、

                     

                    自分が子どもの頃にサッカーを深く学べなかったから、自分がサッカーを深く学び、多くの子どもたちにサッカーの楽しさを伝える、サッカーをもっと上手くなりたいと思う子どもたちにサッカーの上達をサポートできるコーチになりたいと思ったからです!

                     

                    ◎中学時代◎

                     

                    小6でJリーグ・キャプテン翼がきっかけでサッカーにハマって、中学校へ入学しました。

                     

                    小6まで剣道・水泳をしていて、中学校に水泳部はなかったのですが、剣道部の顧問の先生に熱心に誘って頂きました。

                     

                    しかし、サッカーへの情熱が圧倒的に勝り、サッカー部へ入部。

                     

                    中学での3年間は毎年サッカー部の顧問の先生が変わりました。

                     

                    そうです。

                    サッカー専門の先生ではなかったのです。

                     

                     

                    ◎高校時代◎

                     

                    高校は地元の進学校に進学し、サッカー部というものがなく、サッカー同好会しかありませんでした。

                     

                    部活は部費などがありますが、同好会は自分たちで活動する会費を集めて活動します。

                     

                    ボールやマーカー・ビブスなどの道具は自分たちで必要な物や数を話し合い、集めた会費から購入します。

                     

                    顧問の先生はいましたが、ほとんど練習には出られずに毎日自分たちで練習メニューを考えて、練習していました。

                     

                    こうして、サッカーをはじめて6年間、本格的なサッカーの指導を受けたことがほとんどありませんでした。

                     

                    但し、その分、個人として試合の振り返りをしたり自分の課題を考えて、自主練習に活かしたり、チームとして自分たちで振り返り、話し合い、高い競技レベルではありませんでしたが、そのレベルなりに練習メニューを考えて取り組んでいました。

                     

                    同好会としては異例の山口県ベスト4に進出したり、ベスト8にも常連校となり、高校の生徒総会でサッカー同好会の活動や取り組む姿勢・県内での成績が認められて、同好会からサッカー部への昇格を承認されたことは思い出の1つです。

                     

                     

                    ◎大学時代◎

                     

                    「もっとサッカーを学びたい!」という強い思いから福岡大学スポーツ科学部へ入学し、サッカー部へ入部。

                     

                    当時は、サッカーコーチという職業は現実的ではなかったのですが、僕が大学生の時にスポーツ科学部の助手(教育職員)をしながらサッカー部のコーチをしていた先輩があるJクラブのスクールコーチに就任しました。

                     

                    入学当時は、保健体育の教員になって、教員をしながらサッカー部の顧問になるのかなぁ…とも思っていましたが、教員免許の資格を取りながら、サッカーコーチになることを意識してサッカーのコーチを仕事にするコトを目指しはじめました。

                     

                    大学3年生の時にはBチームでプレイングコーチを務めさせてもらいました。

                     

                    コーチの代わりに毎日の練習を僕が考えて、メニューを作成し、練習前にコーチにチェックしてもらい、オーガナイズ(ルールや設定)を調整して留意点を確認して練習に入ります。

                     

                    自分でプレイをしながら、練習と練習の合間にはオーガナイズ(コーンやマーカー)を設定し直したり、常に腕時計で練習の時間を調整していました。

                     

                    チームや練習を上手くまわすことに一生懸命になり、自分のプレイには専念できなかったことを言い訳にはしたくありませんが、Bチームの中でレギュラーにはなれず、Bチームが挑む最後の大会にはメンバー外になり、選手としてではなく学生コーチとして出場しました。

                     

                    当時は選手として実力を認められなかったのが悔しくかったのですが、今となってはその経験を前向きに捉えて、選手の気持ちを考えながら選手と接したりするコトに活かされていると自分では思っています。

                     

                    4年生になると学生コーチとして過ごしたので、プレイヤーとしては活動していません。

                     

                    卒業後は、スポーツ科学部の助手(当時は副手という役職でした)として、スポーツ科学部の授業のアシスタントをしたり、スポーツ科学部以外の体育の授業で実技や講義を務めながらサッカー部のコーチをしていました。

                     

                    福岡大学で過ごした6年(学生として4年、教育職員として2年)は、サッカーについて多くのコトを学ぶコトが出来ました!

                     

                    逆に、サッカーをはじめてからの中学・高校の6年間で与えられるのが当たり前ではない毎日だったからこそ、常に向上心を持って、自分がいつも考え、学ぶ姿勢や意欲的に取り組むハングリー精神が身に付いたのかもしれません。

                     

                    福岡大学での6年間で自分の人生は大きく変わった様に感じています。

                     

                    現在、アビスパのスクールコーチの募集を行っているように、福岡大学の助手の任期を終えるタイミングでアビスパ福岡スクールコーチ募集に応募しました。

                     

                    そして、書類審査や面接、指導実践をクリアし、2006年からアビスパ福岡のコーチとして働き、12年目を迎えています。

                     

                    自分がなりたいと思っていた職業、やりたいと思っていた仕事をしながら過ごす毎日は楽しいです!

                    ※ブログ記事「コーチたちのお仕事紹介

                     

                    4年前に母校で講演をした時の新聞記事を紹介してこの記事を終えます。

                     

                    次回は、実際に自分の夢を叶えて、この12年間で感じていることなどを紹介しようと思います!

                     

                     

                     

                    Newsページで博多校からの情報をまとめて発信中!

                    アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

                    アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

                    アビスパ福岡ホームタウン活動ブログからもアビスパ情報発信中!


                    博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
                    tel:092-674-3031
                    phone:070-5347-9064
                    Mail: hakataschool@avispa.co.jp

                     

                    博多校サブマスター(アクシオン福岡校スクールマスター)・今田康介(こうすけ)コーチ

                    phone:070-5507-9251


                    博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
                    tel:092-674-3031
                    phone:070-5652-9627
                    Mail: moritomo@avispa.co.jp

                     

                    アビスパ福岡サッカースクール事務局

                    〒813-8585

                    福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17

                     

                     

                     

                    じゅんコーチ * 紹介 * 10:37 * comments(0) * trackbacks(0)

                    サッカーをはじめたきっかけ

                    0

                       博多校スクールマスターのじゅんコーチです。

                       

                      最近は寒くなり、手袋をしていて、余裕を持ってスクールの様子を撮影出来ていなくて、なかなかスクール活動レポートの記事を書けていないので、いつもと違ったカタチでブログを更新しようと思います。

                       

                       

                      皆さんサッカーをはじめたきっかけは何ですか!?


                      僕は中学1年生からサッカーをはじめました!


                      小学生の頃は何をしていたかというと…

                      剣道と水泳です!
                        

                       

                      小学6年生の時にJリーグが開幕し、ものすごい盛り上がりました!

                      Jリーグの開幕と再放送していたキャプテン翼がきっかけでサッカーにハマった僕は毎日友達とサッカーばかりしていました!

                      そして、中学生になって部活を選択する時にサッカー部を選びサッカーをはじめました。

                      Jリーグに出会い、サッカーにハマり、歩んできたこの人生、そして今はJリーグのクラブで働いています。

                      Jリーグと共に成長してきた僕にとってJリーグは特別な存在なのです。


                      そして、2015年にブラインドサッカー日本代表のアジア選手権でキャプテン翼の作者・高橋陽一先生にお会いするコトが出来ました!

                      (ちょうど後ろのライトで目が隠れた…)



                      中学生の頃は翼くんに憧れてオーバーヘッドキックの練習をしょっちゅうしていました!

                      この写真は4・5年前にセパタクローのオーバーヘッドキックを身に付けようと思ってビーチで特訓した時のものです。


                      Jリーグとキャプテン翼が僕にとってサッカーの原点です!

                       

                      そして、じゅんコーチと言えば…ブラインドサッカー。

                       

                      そのブラインドサッカーがアニメになります!

                      コチラよりご覧下さい

                       

                      キャプテン翼でお馴染みの高橋陽一先生が原作!

                       

                      じゅんコーチの日本代表デビュー戦はブラジル代表との国際親善試合でした。

                       

                       

                      もっとブラインドサッカーというスポーツが広まり、ブラインドサッカーを通じて、視覚障がい理解などが広まり、住み易い街になっていけばなぁと感じています。

                      その話をし始めると長くなってしまうので、ここまでにしておきましょう。

                       

                      今回は僕がサッカーをはじめたきっかけについて紹介しました。

                      また紹介します!

                       

                       

                      Newsページで博多校からの情報をまとめて発信中!

                      アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

                      アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

                      アビスパ福岡ホームタウン活動ブログからもアビスパ情報発信中!


                      博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
                      tel:092-674-3031
                      phone:070-5347-9064
                      Mail: hakataschool@avispa.co.jp

                       

                      博多校サブマスター(アクシオン福岡校スクールマスター)・今田康介(こうすけ)コーチ

                      phone:070-5507-9251


                      博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
                      tel:092-674-3031
                      phone:070-5652-9627
                      Mail: moritomo@avispa.co.jp

                       

                      アビスパ福岡サッカースクール事務局

                      〒813-8585

                      福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17

                       

                       

                       

                      じゅんコーチ * 紹介 * 07:01 * comments(0) * trackbacks(0)
                      このページの先頭へ