<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ギラヴァンツ北九州とのスクール九州ダービー! | main | 4/5(日)水戸ホーリーホック戦ご招待します! >>

それなりに…

0
     4月よりスタートしたスキルアップクラスですが、大好評ですぐに定員がいっぱいになって活動しています。

    そして、よくスキルアップクラスについての問い合わせとスキルアップクラス入会の希望を耳にします。

    今年も募集がスタートしました!

    ただ、ハッキリ言えるのは「スキルアップクラスに入れば勝手に上手くなる訳ではない」というコトです。

    それは、スキルアップクラスだけでなく、スーパースクールにしても、トレセンにしても、スクールのベーシッククラスでも同じコトが言えます。


    先々週のスキルアップクラス3・4年生でワンバウンドリフティングの回数を測定しました。
    Photo 2015-03-19 17 15 58.jpg
    測定の前に3分間、練習をしてみましたが、その3分間を集中してやり続けれる者、ミスはしてしまうけど何とかミスを取り戻そうと必死になる者、簡単にミスしてしまい次のチャレンジまで時間のかかる者・・・それぞれです。

    「ハングリーさ、ひたむきさ」の話をしました。

    たった3分間で必死に、集中して出来ない者と、やりきれる・チャレンジできる者とでは、1回のスクール90分の中でも差は開くし、それが、1ヶ月、半年、1年間と積み重ねていくとどんどん差が開く一方です。

    練習と本番の前にその話をしたからか?測定の時は本当に集中してひたむきに取り組んでいました。

    でも、それをコーチが言わなくても自分自身で意識して取り組み続けれるかどうかが大事です。


    発育発達や習熟度には差があります。

    ワンバウンドリフティングやリフティングなどが全てではありませんが、回数が出て、誰がどれぐらい出来るのか、自分がこの集団でどれぐらいできるのかと知る指標にもなります。
    Photo 2015-03-19 17 11 10.jpg
    できてるからOK、できないからダメという話ではなく、自分と他人を知るきっかけ、そして、何を感じて自分がどう動くかのきっかけにもなって欲しいと思います。

    コーチや保護者の方がサッカーをする訳ではなく、スクール生自身が「もっと上手くなりたい」という気持ちを持ち、行動に移すコトができるようになって欲しいと思います。


    昨年アビスパ福岡に在籍していた野崎選手。
    プロサッカー選手になってほとんど出番がない状態でアビスパとの契約も満了しました。

    次のチームを探すためにトライアウトを受けて気付いたコトが、今まで「それなりにやっているつもり」だったコトだそうです。

    その記事はコチラより


    先々週のスキルアップ3・4年生クラスで取り組みについて伝えてから2週間…すぐには変わりませんが、スクール生たちの心の部分からサッカーに対する取り組む姿勢が変わっていくように根気強くアプローチしていきます。

    博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
    tel:070-5347-9064 
    Mail: hakataschool@avispa.co.jp


    ★関連情報★
    ギラヴァンツ北九州とのスクール交流戦(新年度幼児〜3年生対象)
    観る・気付く・伝える
    新年度に向けてのお知らせ(
    重要事項ですので必ずご確認下さい)
    博多校スキルアップクラス実施のお知らせ
    香椎浜校スキルアップクラス実施のお知らせ
    プレイの精度
    2回目のイングランド

    スクールウェアについて
    はじめまして、藤井潤(じゅんコーチ)です
    サッカーをはじめたきっかけ
    指導者を目指そうと思った理由
    コーチたちの日常
    ブラサカ イングランド遠征 (1)出発 (2)初練習 (3)試合結果
    コロンビア代表来日
    ラッキーストライカーズ福岡FBページ
    アビスパ福岡スクール推進部FBページ




     
    じゅんコーチ * スクールレポート * 15:03 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ