<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< FCバルセロナと親善試合! | main | 新スクールウェア >>

チャレンジ&カバー

0
    こんにちは!

    久々のスクールレポートです!

    昨日の木曜スキルアップクラスでは、守備をテーマにトレーニングを行いました。

    これまでも守備のトレーニングは何回かやって来ました。
    スキルアップクラス初日のトレーニングも守備をテーマに行っています。

    その日のレポートはコチラより】

    守備のトレーニングでコーチが「1st(チャレンジ)は誰!?」「カバー(2nd)のポジションは!?」とスクール生たちに投げかけたりします。

    サッカー用語で「チャレンジ」「カバー」という言葉があります。

    ボール保持者に対して1人目の守備者のことを1stDF(チャレンジ)、2人目・3人目の守備者を2ndDF・3rdDF(カバー)と呼びます。
    相手チームのボールに対して、チャレンジする選手とカバーする選手がボールや人が動く状況の中でポジションが変わっていきます。

    2vs2のトレーニングでこの「チャレンジ&カバー」の確認をしました!

    .魁璽舛らボールが出て、相手ボールに近い守備者がチャレンジ、もう1人の選手がカバーのポジションに入ります。

    ▲船礇譽鵐犬料手はボールの移動中にできるだけ寄せて、相手のボールを奪う、或いはボールを奪えなくても相手の自由を奪います。
    カバーのポジションは、
    (1)1stDFがドリブルで抜かれた時にアタックが出来るように
    (2)自分がマークする選手にパスが出たら、パスカットを狙いながら、パスカットができなくても相手選手にアプローチして相手の自由を奪えるように
    (3)自分がマークする選手に裏のスペースを狙われない(ゴールを隠す)ように
    ポジションを取ります。

    ボールが移動すると、チャレンジする選手とカバーする選手のポジションが変わっていきます。


    これを繰り返しながら、ゴールを守りつつ、ボールを奪いにいきます!


    トレーニングしながら、「チャレンジ&カバー」が頭の中で理解・整理されてきて、それを少しずつですが実行できるようになってきました。

    昨日、感じたのは2vs2では、「チャレンジ」と「カバー」の役割がハッキリするので、プレイし易いですが、3vs3や5vs5になって相手の人数・味方の人数が増えていくと、誰が「チャレンジ(1st)」なのか、「カバー」のポジションはどこになるのか?をもっと早く観て判断して的確に動いていかなければなりません。

    そして、お互いに「(オレがボールにいく!という意味で)OK!」「○○がボールに行け!」「オレが○○をマークする!」など、コミュニケーションを取りながらプレイしていけるようにしていかなければなりません。


    激しいプレイが続き、カラダも疲れますが、頭の中もくたくたになると思います。

    一気にできるようにはなりませんが、少しずつ積み上げて質を上げていきます。


    博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5347-9064
    Mail: hakataschool@avispa.co.jp

    ※5/1よりスクール時に、博多校5月号ニュース を配布しています。
    まだもらってないスクール生はスクール時にコーチからもらって下さい。


    ★関連情報★
    FCバルセロナと親善試合
    帰国しました
    22歳の誕生日
    アニョハセヨ
    先輩・後輩
    スキルアップクラス初日
    セレクションについて
    振替について
    それなりに
    観る・気付く・伝える
    プレイの精度
    大人のスクール博多校(森友派)前期日程
    新年度に向けてのお知らせ(
    重要事項ですので必ずご確認下さい)
    スクールウェアについて

    ラッキーストライカーズ福岡FBページ
    アビスパ福岡スクール推進部FBページ
     
    じゅんコーチ * スクールレポート * 10:52 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ