<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ユニクロサッカーキッズ参加者の皆様へ | main | コーチ紹介【くすコーチ】 >>

土曜短期スクール第4回目レポート

0
     こんにちは!

    6月です!JUNEです!

    Junです!

    4月生まれですが何か…!?

    CL(チャンピオンズリーグ)決勝はレアルマドリードがPK戦の末、激闘を制して優勝しましたが、2009年に研修でマンチェスターユナイテッドのホーム・オールドトラフォードのロッカールームにて当時マンUに在籍していたクリロナのユニフォームをバックに記念撮影した時のものです。【当時のブログレポート

    前置きが長くなってしましましたが、土曜短期スクール第4回目のレポートです!
    過去のレポートはコチラより。
    第1回目】【第2回目】【第3回目

    今回は運動会等の行事が多かったのでしょうか、参加人数が少なく感じました。


    ウォーミングアップは、ボールの奪い合い!


    遠慮なしで激しく奪いにいこう!!


    相手が歳上でも大人でも、スクールマスターでも関係ナシ!!


    その後は、継続して行っているボールマスタリー(ドリブル)です。


    保護者の皆さんも観て頂いたように、コーチが丁寧な説明をせずにお手本だけやってみました。

    どれだけよく目で「観察」して真似できるか?

    これも「工夫」の仕方に個人差(個性)があります。

    例えば、ボールを触るリズムを「1・2・3」と数えたり、「右・右・左」と覚えたり、「転がす・止める」などと動作を言葉にしたり…。

    その場だけ、出来る人数を増やしていくのは簡単です。

    その際は、丁寧な説明をします。



    しかし、初めて挑戦することに対して自分の目で観て、飲み込み、理解し、工夫し、身体を動かすのか…この作業の経験をたくさんして、初めてやるコト・上手くいかないコト等に対して工夫して挑戦していけるチカラも身に付けて欲しいと思っているので、あえて説明し過ぎず、教え過ぎずに、どう挑戦していくのか姿勢を見守ります。

    出来るコト・出来ないコトは技術力も観察力も工夫力も失敗力も個人差がありますが、またそこで気付いたコトをコーチ陣で共有し、課題を発見して、その課題を克服していく課題の与え方やアプローチ方法を工夫していきます。


    さて、今月のテーマは「ゴールを目指す」です。

    今回は、ターンからのシュートに挑戦しました!

    ゴールに背を向けた状態で後方から来たボールを


    ターンして


    シュート!


    シュートをうち易いところにコントロールして時間をかけずにシュート!

    ボールが自分の欲しい足下に毎回ドンピシャのパスが来るとは限りません。。

    無理して思いっきり足を伸ばしてコントロール出来たとしても、バランスをクズアしてしまう可能性が高いので、次の一歩が出にくい(=次のプレイに移りにくい)です。


    なので、ボールが少しズレてしまっても、2・3歩ステップを踏んでボールの正面に入ってコントロールをして


    次のプレイ(シュート)へ移り易くするコトを心掛けます!


    まずは、相手のプレッシャーがない状態で、段々慣れてきたら、プレッシャーの強度を上げていきます。

    そして、1vs1のトレーニングをしながら少しずつゲームに近づけていきました。



    ゲームはやや人数が多くなりましたが、ドリブルで相手から簡単にボールを触られない様に工夫したり、
    IMG_1920.JPGIMG_1921.JPGIMG_1922.JPGIMG_1923.JPG

    IMG_1935.JPGIMG_1936.JPG

    相手の守備陣が邪魔しに来る前に素早くシュートにチャレンジしたり、

    相手がボールを持ったら、相手のボールを奪いに、自由を奪いにいきます!
    IMG_1928.JPGIMG_1929.JPGIMG_1930.JPGIMG_1940.JPG

    子どもたちも顔や性格、プレイスタイルには個人差があります。

    全員が同じではないので、得意・不得意も個性です。

    コーチたちも同じです。

    見えたもの、感じたことが同じ部分もありますが、見え方・感じ方もそれぞれです。

    みんなよくがんばっていますが、その中でも

    ゆうコーチが選んだ今回のMVP
    IMG_1942.JPG

    こうすけコーチが選んだ今回のMVP
    IMG_1943.JPG

    平日スクールでもよくMVPを発表したりしますが、「球際で強くいき続けた」「攻撃から守備、守備から攻撃の切り替えを速くやり続けた」「最後までハードワークを続けた」という部分が選定理由になる場合が多いです。

    1回2回、5分10分は出来るかもしれませんが、これを最初から最後までやり続けるコトが大事です。

    サッカーをする上で、どのカテゴリー(年代)でもどのレベルでもとても大事な部分です。


    その中でプラスαで発揮できるスキルを増やしていけるようにアプローチしていきますが、急にはそのスキルを獲得出来ません。

    少しずつそのスキルを獲得して、成功率を上げ、厳しいゲーム環境の中で発揮できるようにしていけるように、その過程を楽しみながら見守っていきたいと思います。


    さぁ、短期スクールは残り2回。

    6/11(土)・25(土)です。

    これまでの欠席分・残り2回の欠席分は博多校火曜・金曜クラス(17:00〜18:30)にて振替参加可能ですので、振替参加時に本人がコーチに振替参加の旨をお伝え下さい。

    博多校以外で振替参加を希望される場合はコーチにご相談下さい。

    全力で楽しみましょう!


    5月のテーマ
    博多校5月号ニュース
    6/2(木)ホームゲーム名古屋戦開催決定につき、スクール中止

    ★関連情報★
    サッカースクール会員証について
    世界の舞台
    2016年度大人スクールスタート!第2回目レポート
    土曜短期コース開校!第2回目レポート第3回目レポート
    スキルアップクラス初日
    「アビスパ福岡 HAKATA Festival」レポート
    サッカーは人生
    親離れ子離れのとき
    サッカーより大事なことがいっぱいある
    無料体験スクールに参加された皆さまへ(入会手続きについて)
    4〜6月短期スクール開催(新1・2年生対象) → 申込受付完了の皆さまへ
    博多校3月号ニュース
    博多校12月号ニュース

    アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!


    博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5347-9064
    Mail: hakataschool@avispa.co.jp

    博多校大人スクールマスター・森友優(ゆうコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5652-9627
    Mail: moritomo@avispa.co.jp
     
     
    じゅんコーチ * スクールレポート * 20:45 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ