<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 土曜短期スクール第5回目レポート | main | 6/16(木)のスクールについて【16:05更新】 >>

6月のテーマ

0

     みなさんこんにちは!

    6月はJUNEですが、4月生まれのじゅんコーチです。

    さて、博多校では毎月大きなテーマを持って各クラスでトレーニングに励んでいますが、6月のテーマはスクール生も知っての通り「守備」です。
    (3〜6年生クラスの写真をなかなか撮れないので、写真少な目です。。)

    【幼児クラス】
    相手のボールを奪いにいく!

    サッカーは接触ありの競技です。


    遊びの中から、相手についていき、


    接触し、競り合い方や激しさを自然と覚えていきます!



    こうしてボールを奪いにいくという守備の意識が自然と高まることによって、ボールを持っている時はボールを失わない様にボールを運んだり、相手を腕で抑えてボールを守ったりするスキルも自然と身に付いてきます。



    【1・2年生クラス】
    幼児クラス同様、ボールを奪いにいく!


    という意識を持ちながら、自分が守るゴールへ簡単へ近づけさせないようにゴールを隠すというポジションニングや対応を少しずつ身に付けていきます。


    1・2年生になると、かなり激しくボールを奪いにいけるようになるので、ボール保持者はより一層ボールを失わない様にこだわっていかなければなりません。




    【3・4年生クラス】
    幼児クラス1・2年生クラスと同じです。

    足だけで行かず、カラダごと奪うために相手とボールの間に身体を入れてボールを奪おう!と声をかけます。


    3・4年生クラスになると、ボールを奪いにいく人「チャレンジ」と、その「カバー」の原理原則の理解まで発展します。
    チャレンジ&カバーとは


    守備の個人戦術・技術から、グループ戦術・技術への発展です。


    相手ボールへチャレンジする1人目のDF「1stDF」と、チャレンジした選手をカバーする2人目のDF「2ndDF」です。


    3・4年生クラスで、この「チャレンジ&カバー」をある程度、自分の頭で理解して実践しようとしているのが約2/5〜半数ぐらいという印象です。

    1/5ぐらいは、理解と実践がある程度できています。


    サッカーは技術やセンス・運動神経だけでは上達に限界があります。

    サッカーそのものを理解し、実践するチカラが必要になってきます。

    そのために、眼で「観るチカラ」、耳で「聴くチカラ」、肌で「感じるチカラ」、口で「伝えるチカラ」、頭で「考え・理解するチカラ」と、いろんなチカラが必要です。

    そこから更に、「予測するチカラ」「工夫するチカラ」なども身に付いていきます。

    この様々なチカラが身に付いていくと、理解度が上がり、理解したことを実践していくチカラも上がってくるように思います。


    中学年・高学年、中学生、大人になっていくのに向けて、幼児・低学年から様々なチカラを身に付けていくようにスクールではアプローチしていますが、スクールは週に1回の活動なので、この部分は学校や家庭でもアプローチしていく必要があると感じています。


    【5・6年生】
    3・4年生で取り組んでいる「チャレンジ&カバー」をベースに、2人組のグループを5・6人までのグループでチーム(グループ)全体としての「チャレンジ&カバー」の理解と実践に取り組みます。


    サッカーは一瞬の隙やミスからチャンス・ゴールが生まれます。

    サッカーにミスはつきものですが、チーム全体と個人個人が守備の意識を高く持って、簡単に相手にチャンスを作らせない様にします。

    こうして守備のトレーニングをしていくことで、攻撃側はどうやって個人が突破しようか、相手をどうやって崩そうか…などとボールを意図的に動かして相手の守備の連動のミスを誘ったりしながら、タイミング良く相手ゴールに近づいていくのかというテーマにもこだわっていくことにもつながります。
    サッカー用語で言う、「ポゼッション(=ボールを失わない)」「ビルドアップ(=ボールを失わずに前方へ運ぶ)」「崩し(=前方に運んだボールをチャンスにつなげる)」「フィニッシュ(=ゴールを目指す)」という攻撃の部分につながるのです。


    5・6年生は「チャレンジ&カバー」の理解の部分で約半数、実践で3/5ぐらい、グループ・チームでとなると、1/5〜2/5ぐらいが理解と実践をある程度できているように感じます。



    【スキルアップクラス】に関しては、この「チャレンジ&カバー」に関してほとんどの選手が個人・グループ・チームでの理解・実践が出来ています。


    その質をもっと高めていきながら、ゴールを守りながら、チーム全体で連動しながら狙ってボールを奪えるのか…という部分に少しずつチャレンジしていっている段階です。





    できないことは悪いことではありません。

    できないのは、知らないから。

    まずは、知り、理解するという部分にチャレンジ!

    そして、コーチ陣がスクール生のチャレンジした部分に対してカバーしていきます!

    6月も残り半分!

    合い言葉は「チャレンジ&カバー」!


    ちなみに、アビスパ福岡が長年支援しているブラインドサッカーチーム・ラッキーストライカーズ福岡のトレーニングでも見えない状態で「チャレンジ&カバー」のトレーニングをよくしていますよ!

    動画もあります!
    まずは、【理解の部分】そして、【理解して実践していくうちに質が上がって】いきます!


    アビスパ福岡主催サマーキャンプ(4種類)案内
    ユニクロサッカーキッズを終えて
    5月のテーマ
    博多校6月号ニュース
    博多校5月号ニュース
    ・コーチ紹介
     【こうすけコーチ
     火曜【つかコーチ】【たくコーチ】【さとるコーチ
     木曜【くどうコーチ】【しゅんコーチ
     金曜【くすコーチ】【としコーチ

    ★関連情報★
    サッカースクール会員証について
    世界の舞台
    2016年度大人スクールスタート!第2回目レポート
    土曜短期コース開校!第2回目レポート第3回目レポート第4回目レポート第5回目レポート
    スキルアップクラス初日
    「アビスパ福岡 HAKATA Festival」レポート
    サッカーは人生
    親離れ子離れのとき
    サッカーより大事なことがいっぱいある
    無料体験スクールに参加された皆さまへ(入会手続きについて)
    4〜6月短期スクール開催(新1・2年生対象) → 申込受付完了の皆さまへ
    博多校3月号ニュース
    博多校12月号ニュース

    アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!


    博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5347-9064
    Mail: hakataschool@avispa.co.jp

    博多校大人スクールマスター・森友優(ゆうコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5652-9627
    Mail: moritomo@avispa.co.jp
     
     
     

    じゅんコーチ * スクールレポート * 09:29 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ