<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 終わりなき旅 | main | 学校法人博多学園 Presents「アビスパカップ ふぁみりーミニサッカー大会」 参加者募集! >>

短期スクール第2期 第1回目レポート

0

     博多校短期スクール第2期がスタートしました!

    IMG_5369.JPG

     

    最初はコート全体を使って鬼ごっこ!

    IMG_5331.JPG

     

    タッチされたらビブスを着て増えていくというルール…。

    IMG_5333.JPG

     

    ・全体を観ながら、鬼の位置や鬼の数を観て、次の展開を予測して安全なスペースへ逃げる

     

    ・自らアクションをかけるステップと、相手の動きに対応してリアクションを取るステップ

     

    ・追い込まれたり、追い込んでいく中で、簡単に諦めるかどうか

     

    上記の3点に注目していました。

     

    お子様はどの項目に当てはまってましたか?

     

     

    こういった鬼ごっこなどの遊びでも性格がよく出るし、試合の中にもそれが出ます。

     

     

    ボールマスタリーでは、

    IMG_5335.JPGIMG_5336.JPG

     

    いつ、どのタイミングで、ボールのドコを、どれぐらいの強さで、どの方向にタッチして運ぶのか…にこだわりながら取り組んでみました。

    IMG_5338.JPGIMG_5339.JPGIMG_5340.JPGIMG_5341.JPG

     

    IMG_5342.JPGIMG_5343.JPGIMG_5344.JPG 

     

    この後は、1・2年生にしては少し難しい課題にチャレンジしました!

    IMG_5345.JPGIMG_5346.JPG

    IMG_5347.JPGIMG_5348.JPG

     

     

    相手のプレッシャーを受けながらのプレイです。

    IMG_5349.JPGIMG_5352.JPG

     

     

    相手と競り合いながら相手にボールを簡単に触られて失う確立を減らすために、

    IMG_5353.JPGIMG_5354.JPG

     

     

    ボールをどっちの足で運ぶのか?

    IMG_5350.JPG

     

    相手からどうやって自分のボールをブロックするのか?

    IMG_5351.JPG

     

    試合の中では相手のプレッシャーが厳しい中でプレイしなければなりません。

     

    まずは、相手のプレッシャーがない中でどれぐらいの成功率でプレイできるのか?

    IMG_5344.JPG

     

    相手のプレッシャーがかかる中でどれぐらい成功率を落とさずにプレイできるのか?

    IMG_5354.JPG

     

     

    これは、高学年でも、中学生・高校生・プロでも同じです。

     

    プレイエリアをしっかり確保してプレイする習慣を少しずつ身に付けていきたいと思います。

     

     

    最後は試合。

    IMG_5363.JPGIMG_5364.JPGIMG_5365.JPGIMG_5366.JPGIMG_5367.JPG

     

    全体のバランスを観ながらポジションを取れるようになるまではまだまだですね。

     

     

    どうしても、自分とボールの関係になりがちです。

     

    少しずつではありますが、自分をボール・相手・味方・スペース…と観える数を増やしたり、観える範囲を広くしていく中でポジションを取ったり、タイミングを合わせて動いたり、次のプレイの展開を予測できるようにしていきたいと思いますが、欲張り過ぎないように少しずつ。。

     

     

    球際は強く!!

     

    切り替えは速く!!

     

    まずはサッカーにおいて、この大事な部分をシンプルに求めていきます。

     

     

    今日のトレーニングで、ボールを忘れてしまったスクール生がいました。

    IMG_5337.JPG

     

    ボールを忘れて困ったみたいなので、今回の困ったり不便に思った経験を次回以降に活かして、忘れて困らない様に自分で準備できるようになると良いですね!

     

    これは誰もが経験することです!

    決して悪いことではありません。

     

    自立の第一歩】(←クリックすると拡大されます)ですね!

     

    また忘れ物がない方が良いですが、誰でも忘れてしまうことがあるので、その時にどうしたら良いのか?

    また忘れて困っている人に気付けるのか?気付いたらどうしたら良いのか?

     

    コーチはどうしなさいなどと決めて伝えません。

     

    ヒントは伝えるけど、あとは自分自身がどう判断して動くかです。

    IMG_5356.JPG

     

    目の前だけでなく、今後に活かせる経験値にして欲しいと思います。

     

    今日はそんな中で困っている仲間に気付いて優しく声をかけて接してくれたユイトがゆうコーチが選ぶ本日のMVPに選ばれました。

    IMG_5368.JPG

     

    仲間が困っているのに、気付いて助けてあげられる人は、自分が困っている時にも仲間が助けてくれるでしょう!

    IMG_5355.JPG

     

     

    またこういう話をしている際や、スクール中にコーチがルールやアドバイスをしている時に、本気で目を観て話を聴いているのは、半分〜2/3ぐらいです。。

     

    こうした、「観る」「聴く」という習慣は必ず、「理解する」「予測する」というチカラにもつながっていきます。

     

    そうした少しのところが、サッカーの成長のスピードや自立のスピードにも関わってくると思います。

     

    技術も自立の部分も、みんな個人差があって成長にもスピードの差があります。

     

    様々な経験の中からこうした部分の成長につなげていけるように、気付いていけるように、コーチたちも工夫しながらアプローチしていこうと思います。

    IMG_5370.JPG

     

     

     

    さて、第2回目は、9/24(土)ですが、じゅんコーチはブラインドサッカーの韓国遠征のため不在となります。

     

    そして、皆さんにメールでお伝えしましたが、

    第3回目の10/8(土)はアビスパ福岡サッカースクール交流戦開催のため、10/2(日)9:00〜10:20に変更となっております。

     

    学校の授業やチームの活動などで短期スクールを欠席する際に、博多校火曜or金曜クラスで振替参加が可能です。(事前の連絡は不要です)

    カレンダー】を見て、ご確認下さい。

     

    博多校以外での振替参加を希望される場合は、博多校事務局(担当:藤井)までメールor電話にてご相談下さい。

     

     

     

    終わりなき旅

    10/8(土)サッカースクール交流戦開催!参加者募集!

    第2回スクール保護者会のご案内

     

    ★関連情報★

    相手の立場になって考える

    親子サッカー

    スクール再開

    HPのスクール紹介ページがリニューアルされました!

    ステップアップシステム

    マナー

    7月のテーマ

    6月のテーマ
    5月のテーマ

    博多校7月号ニュース

    博多校6月号ニュース
    博多校5月号ニュース
    ・コーチ紹介
     【こうすけコーチ
     火曜【つかコーチ】【たくコーチ】【さとるコーチ
     木曜【くどうコーチ】【しゅんコーチ
     金曜【くすコーチ】【としコーチ
    サッカースクール会員証について
    無料体験スクールに参加された皆さまへ(入会手続きについて)


    アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

    博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5347-9064
    Mail: hakataschool@avispa.co.jp

    博多校大人スクールマスター・森友優(ゆうコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5652-9627
    Mail: moritomo@avispa.co.jp

     

     

    じゅんコーチ * スクールレポート * 18:32 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ