<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< マナー・礼儀等の向上に向けて | main | 応援される選手に! >>

短期スクール第2期 第3回目レポート

0

     こんにちは!

     

    前回(3回目)のトレーニングはじゅんコーチが不在でした。

     

    実はアビスパ福岡が支援しているブラインドサッカーチーム・ラッキーストライカーズ福岡の韓国遠征に帯同していました。

     

     

    webニュースや動画のニュース配信もありました。

     

     

     

    通訳ナシでしたが、英語で何とかなりました。。

     

    文法はめちゃくちゃ、英単語などのボキャブラリーは学生時代より少なくなっていますが、何とかコミュニケーションが取れました!

     

    食べ物も美味しかったし、良い経験が出来ました!

     

     

    余談はこれぐらいにしておいて…

     

    本日は運動会と重なっていたようで参加者が少なかったです。

     

    最初はゲームからスタート!

     

    サッカーでは、M-T-M方式と言って、「Match - Traning - Match」の流れでトレーニングをする方法があります。

     

    最初に試合をしてみて課題を抽出して、その中の課題を絞ってトレーニングをして最後のゲームにつなげるというやり方です。

     

    1回目】と【2回目】はボールを運ぶをテーマにトレーニングしました。

     

    最初のゲームを観たり一緒にプレイした後にコーチ3人で話し合い、感想の1つに「守備をもっとしっかりやりたい」という意見が出ました。

     

    ここから先は打ち合わせナシでの進行でした。

     

    博多校では6月のトレーニングテーマが【守備】でした!

    ブログレポートはコチラ

     

    守備をテーマに、じゅんコーチから観てどんなオーガナイズ(ルール設定)でどんなコトにこだわって、どのレベルまで要求するのか…トレーニングのルール説明や求めるポイントをじゅんコーチが示して、あとはゆうコーチ・こうすけコーチにバトンタッチ。

     

     

    ここから先は阿吽の呼吸で、進めていきました。

     

     

    コーチ3人もそれぞれ個性があり、伝え方などはそれぞれ違います。

     

     

    まずは、1vs1です。

     

    粘り強くつていってゴールを隠しながら(守りながら)…相手の自由を奪うこと!


     

    よし!やってみよう!!

    粘り強くついていって…

    相手からボールが離れた瞬間に奪いきります!

     

    ナイスディフェンスゆいと!!

     

     

    相手の自由を奪いながらボールを奪ったら守備から攻撃に、ボールを失ったら攻撃から守備に切り替わります。

     

    攻撃はこれまでやってきたように相手からボールを簡単に失わないようにボールを運びます。

    ボールを運ぶ位置、相手をブロックしてボールを隠す…少しずつですが成果が出てきたように感じます!

     

    トレーニングは少しずつ積み重ねていってスキルアップしていきます。

     

     

    相手が後ろ向きで少し距離がある場合はどうする?

    何か出来そうなことない?

     

    相手が前を向いて攻めてきそうにないけん、少し距離を詰めてみる…

     

    やってみよう!

     

    うわ!

    相手の隙をみてボールを奪えた!

    りゅうせいナーーーイス!!

     

    こうして問いかけながら一緒に考えて、理解・納得して挑戦し、実践につなげていく場面もみられます。

     

     

    みんなよく理解しながら実践していました!

     

     

    思ったより1vs1の対応が出来ていたので、この後は、コーチたちが少し欲張って高いレベルにチャレンジしてみました。

     

    普段のスクールでは3・4年生ぐらいからトレーニングする「チャレンジ&カバー」にチャレンジしました!

     

    ボールに近い選手が相手に寄って行って、ゴールを隠しながら粘り強くついていって相手の自由を奪います。

    この選手の役割をチャレンジと言います。

     

    そして、もう1人の選手はボールをゴールを意識しながら、マークする相手からゴールを隠すポジションを意識します。

    この選手の役割をカバーと言います。

    どうしても、ボールに寄り過ぎてマークがフリーになったり、マークに意識がいき過ぎてボールとゴールを意識できなくなったりしてしまいます。。

     

     

    これは、3・4年生ぐらいからチャレンジしていく課題なので、1・2年生で今日ぐらいやれれば全く問題ありません!

     

     

     

    1vs1でまずは観る物が少ない状態、観る範囲が狭い状態からスタートし、少しずつ少しずつ観る相手を増やしたり、観る範囲を広くしていきます。

     

    今日の2vs2では、まだこの年代にしては観る物が多く、観る範囲が広いので難しいと思います。

     

     

    最後のゲームでも、4vs4なので、観る物は多いし、観る範囲は広いです!

     

    その中でボールに近い選手がゴールを隠しながら自由を奪う様にできていたように感じます。

    あとは、2人目・3人目のカバーのポジションが取れる様になると良いですね!

     

    コーチたちが欲張って要求しましたが、これも少しずつ経験を重ねて理解していくもの、覚えていくものです。

     

    キッズ年代のサッカーについて博多校ブログで紹介していますので、もし良かったら参考までにご一読下さい。

    キッズ年代(U-6/8/10)のサッカーについて

     

    今日の出来に関しては50〜60点ぐらいだったかもしれませんが、よく観てよく聴いて理解しようとしてよくチャレンジできていたと思います!

     

     

    今日の、ゆうコーチが選んだMVPは、はると

     

    チャレンジ&カバーのトレーニングでよく観て、よく聴いて、理解したことを実践の中でチャレンジしていました!

     

     

    同じく、こうすけコーチが選んだMVPもはると

     

    緊張して猫背になっています。。

     

    恥ずかしがらずにもっと堂々としようぜ!

     

     

     

    4回目のスクールは、10/29(土)9:00〜10:20となっています!

    次のトレーニングがまた楽しみです!

     

    学校の授業やチームの活動などで短期スクールを欠席する際に、博多校火曜or金曜クラスで振替参加が可能です。(事前の連絡は不要です)

    カレンダー】を見て、ご確認下さい。

     

    博多校以外での振替参加を希望される場合は、博多校事務局(担当:藤井)までメールor電話にてご相談下さい。

     

     

    マナー・礼儀向上に向けて

    キッズ(U-6/8/10)年代でのサッカーについて

    上級生にチャレンジ!(火曜ver)

    ・博多校短期スクール第2期レポート【第1回】【第2回

    博多校9月号ニュース

    終わりなき旅

    第2回スクール保護者会のご案内

     

    ★関連情報★

    相手の立場になって考える

    ステップアップシステム

    マナー

    7月のテーマ

    6月のテーマ
    5月のテーマ

    博多校7月号ニュース

    博多校6月号ニュース
    博多校5月号ニュース
    ・コーチ紹介
     【こうすけコーチ
     火曜【つかコーチ】【たくコーチ】【さとるコーチ
     木曜【くどうコーチ】【しゅんコーチ
     金曜【くすコーチ】【としコーチ
    サッカースクール会員証について
    無料体験スクールに参加された皆さまへ(入会手続きについて)


    アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

    博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5347-9064
    Mail: hakataschool@avispa.co.jp

    博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5652-9627
    Mail: moritomo@avispa.co.jp

     

    じゅんコーチ * スクールレポート * 14:41 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ