<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スクール生限定オリジナルグッズお申込の皆さまへ | main | 12/4(日)ブラインドサッカーの試合&体験会あります! >>

短期スクール第2期 第6回目レポート

0

     本日11/26(土)の短期スクールレポートです!

     

    今日のレポートの前に…

     

    今日のトレーニング内容に見覚えはありませんか??

     

    そうです!

     

    まずは【コチラ】をご一読下さい!

     

    行なった内容はほとんど同じでした!

     

    そして、コーチが強調して伝える内容もほとんど同じです!

     

    どんなことを伝えたか覚えていますか?

     

     

    W-upでは、ボール奪い対決!

     

    相手より先に!

     

    相手より強く!

     

    そして、自分自身で目で観て口で発して相手を見つける!

     

    テクニック・フィジカルに加えて、コミュニケーションも大事なスキルの1つです!

     

    あ…あとは、くるぶし・襟足(えりあし)はどの部分か家で復習して下さいね!

     

    くるぶしは何となくわかった…かな?

     

    襟足と聴いて、足を何となく触っている光景にはついつい笑ってしまいました!

     

     

    いつものようにボールマスタリーはコーチのデモンストレーションをよく観て実践!

    動画でどうぞ!

     

    観るチカラ・理解するチカラ→実践するチカラがかなり身に付いてきました!

     

    リミテッドプレッシャーと言って限定したプレッシャーのディフェンスと競り合いながらボールを運ぶ際に失う可能性を減らすために、ボールを運ぶ位置や腕で相手をブロックして自分のプレイエリアを確保しました!

     

    動画でどうぞ!

     

    試合の中では相手のプレッシャーが厳しい中でプレイしなければなりません。

     

    これは、高学年でも、中学生・高校生・プロでも同じです。

     

     

    プレイエリアをしっかり確保してプレイする習慣を少しずつ身に付けていきたいと思います。

     

    特に腕を使うという部分はこれから先、とても大事なテクニックの1つになりますが、攻撃でも守備でも腕を使ってない子どもたちをよく目にします。

     

    この年齢から身に付けていく必要を強く感じています。

     

     

    急には出来る様にはなりませんが、ボールを扱うテクニック同様、重要なテクニックなので、この短期スクールでももう1度強く伝えようと思い、今回もこのテーマでトレーニングを行ないました!

     

     

    リミテッドプレッシャーでやってみたことを、1vs1のトレーニングではフルプレッシャーの中でチャレンジ!

    動画でどうぞ!

    球際の強さ、そして切り替えの速さはゲームにもつながるので、トレーニングから高い基準で求めていきます!

     

     

    もちろん、相手から奪われない様にするのはそんなにすぐに出来る様になりませんが、意識をして取り組んでいるのはしっかり伝わってきました!

    動画でどうぞ!

     

     

    ゲームの中でもこうした腕を使うシーンが増えてきました!

     

     

     

    本日、ゆうコーチが選んだMVPはりゅうせい

     

    仲間が痛めて苦しんでいる間にいち早く寄って行って声をかけて心配していた仲間を思いやる気持ち。

     

    これは、サッカーをする上でも生きていく上でもとっても大事なチカラです!

     

     

    本日、初登場のしょうへいコーチが選んだMVPはりゅうたろう

     

    ゲームの中で切り替えも速く、決勝でゴールもしっかり奪うプレイが印象的だったようです!

     

    ちなみに、しょうへいコーチはアビスパ福岡サッカースクール志摩校のOBでじゅんコーチにも教わっています。

    写真はレベスタでの卒業記念試合より。。

     

    どれかわかりますか?

     

    後列中央の9番がしょうへいコーチです!

     

    ゆうコーチの弟もいます。

    後列6番です。

     

    志摩校でコーチをしているひろきコーチ(前列9番)・りゅうきコーチ(後列7番)もじゅんコーチの教え子です!

     

    こうしてアビスパのスクールで育った教え子たちがアビスパのスクール生たちの前でコーチとして返ってくるのは、クラブにとってもコーチにとっても嬉しいことです!

     

     

     

    じゅんコーチが選んだMVPはたくみ

     

    腕の使い方や相手にボールを簡単に触られない様にボールを置く位置、そして相手を騙す(純真を動かして)逆を取ることを意識しているので、上手く実践できる回数が増え、質が上がってきています。

     

    たくみ、写真がなくてごめん。。

     

     

     

    早いもので残り2回となりました。。

     

    第7回目:12/10(土)

    第8回目:12/17(土)

     

    時間は全て9:00〜10:20です。

     

    12/18(日)に宗像市でブラインドサッカーの試合があってアビスパ福岡が支援しているブラインドサッカーチーム・ラッキーストライカーズ福岡が韓国代表を迎えて国際親善試合を行ないます。

    前日から会場に入って前日練習やMTG等があるので、最終回はじゅんコーチは不在となってしまいますので、ゆうコーチにお任せするカタチになりますので、お知らせしておきます。

     

    この短期スクールについて、

    ・第3期はあるのか?

    ・来年度、3・4年生クラスもあるのか?

     

    などなどお問い合わせがありますが、まだ未確定です。

     

    J2リーグのスケジュールが決まらないと計画を立てられないことと、サッカー場やフットサル場は予約するのがなかなか容易ではないため、現段階ではまだ確定できておりません。

     

    前向きに検討しております!

     

     

    それでは、また次回!

     

     

    スクール生限定オリジナルグッズお申込の皆さまへ

    スクール冬休み強化合宿in大分(4〜6年生対象)参加者募集のお知らせ(11/8〜申込開始先着順)

    12/24(土)スクールJクラブ交流大会参加者募集(4〜6年生対象)

     

    Chase th Chance

    夢があるから強くなれる

    メダルの重み

    9月のテーマ

    応援される選手に!

    マナー・礼儀向上に向けて

    キッズ(U-6/8/10)年代でのサッカーについて

    ・博多校短期スクール第2期レポート【第1回】【第2回】【第3回】【第4回】【第5回

     

    ★関連情報★

    ・コーチ紹介
     【こうすけコーチ
     火曜【つかコーチ】【たくコーチ】【さとるコーチ
     木曜【くどうコーチ】【しゅんコーチ
     金曜【ふくコーチ】【くすコーチ】【としコーチ

    ステップアップシステム

    マナー

    7月のテーマ

    6月のテーマ
    5月のテーマ

    博多校9月号ニュース

    博多校7月号ニュース

    博多校6月号ニュース
    博多校5月号ニュース
    サッカースクール会員証について
    無料体験スクールに参加された皆さまへ(入会手続きについて)


    アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!

    アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

    博多校スクールマスター・藤井潤(じゅんコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5347-9064
    Mail: hakataschool@avispa.co.jp

     

    博多校サブマスター(アクシオン福岡校スクールマスター)・今田康介(こうすけ)コーチ

    phone:070-5507-9251


    博多校大人スクールマスター(志摩校スクールマスター)・森友優(ゆうコーチ)
    tel:092-674-3031
    phone:070-5652-9627
    Mail: moritomo@avispa.co.jp

     

    じゅんコーチ * スクールレポート * 15:33 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ